園の方針

『3つのみのり』=「たのしい」「やさしい」「じゆう」を大切に、 園児のそれぞれ個性を伸ばすたのしい保育園を目指します!

txt_policy_tanoshii.svg

ppo.gif

1.元気な体 ・積極的な外遊び。
室内での運動(寝返り・ハイハイ・歩く・蹴る・跳ぶ・踊る)
又、この時期、外ではなかなか出来ないことも多く、室内での運動がとても大事だと考えます。
当園には保育スペースの他にも、楽しんで運動できるフリースペースをご用意させて頂いています。

2.リトミックのレッスン                                
各園で担当のリトミックの先生にお越しいただきリズムに合わせて歌・踊り・リズムがあります。                               
脳を含む神経系は人間の身体の中でも発達が早い器官で、6歳ごろまでに急激に成長します。さらに、聴く・視る・嗅ぐ・触る・味わうといった「五感」に関する脳の発達は3歳までに大人と同じくらいまで発達します。ですので、この時期にいかに多くの刺激を脳に与えるかが、その後のお子さまの発達に大きく影響します。当園では、楽しみながら脳にたくさんの刺激を与えるツールとして、リトミックを採用しています。音楽を聴くときに脳はリズム・音質・音程を処理するために多くの回路を使います。脳の聴覚の部分だけでなく、「運動能力」「感情」「創造性」をつかさどる分野も反応します。さらに聴くだけでなく、歌や踊り、リズムに合わせた動きすることで、楽しみながら脳に様々な刺激が与えることができます。    

3.英語のレッスン                                
メアリー先生の深江園と芦屋園での年齢別合同レッスンを行っています。                                
日本語の周波数は英語に比べて低い音域で構成されています。(日本語125~1500[Hz]、アメリカ英語750~5000[Hz]、イギリス英語2000~12000[Hz])そのため、脳が低い周波数帯に慣れてしまっている日本人は英語の発音の微妙な違いが聞き取りにくいと考えられています。さらに、脳の言語野が日本語用に固まってしまうと、英語が聞き取れたとしても、脳内で勝手に日本語にある音で一番近い音に置き換えて認識してしまいます(マグネット効果)。ですので、脳に日本語の発音が定着する前(話し始める前)に、英語に慣れることで、大人になってから英語を改めて始めたとしても短時間でリスニング能力の向上や発音の習得に繋がるといえます。                                

4.食育                                
当園の食事とおやつは手作りで安心、安全を第一に提供しています。そして美味しく楽しい給食を実施しています。季節の行事にあった行事食なども取り入れながら、旬の食材や、調味料などにもこだわり、一人一人の子どもの成長に合った対応で、家庭のようなアットホームな環境を心がけています。                                

txt_policy_yasashii.svg

kk.gif

五感で感じる愛情…チャンスが沢山できます。みのり保育園では日々の生活の中に、色々な人と触れ合える環境を作っていきます。                                

  • 語りかける笑顔(視覚)
  • 優しい声(聴覚)
  • 思いを込めたスキンシップ(触覚)
  • 四季を感じる食事やおやつ(味覚)
  • 香りがもたらす様々な効果(臭覚) これらを大切にして、子供たちが愛されていることを体で感じる

昔当たり前だった子どもたちにとって優しい環境を作る。

人と人、物とのかかわりの中で、豊かな感性・表現力・創造力が芽生えます。
そして、自主・自立・協調・信頼が育ちます。

関わる人やものが多ければ、その特性を磨くチャンスが沢山出来ます。

みのり保育園では五感で感じる愛情…チャンスが沢山できます。みのり保育園では日々の生活の中に、色々な人と触れ合える環境を作っていきます。

txt_policy_jiyuu.svg

img_policy_jiyuu.png

人格の基礎をつくる
1人1人が持っている『天才』を大切にする

子供たちは一人ひとり違って色々な才能と可能性の塊です。

その子の得意をみつけ自信を持った子供になってほしい!
そして『知る→覚える→やってみる→考える』癖をつけて更に天才になってほしい!

各人の成長の違い・個性を理解し小規模保育園だからできる一人一人と向き合う姿勢を常に持ちます。
そしてそれに合う指導計画を作り、園全体で一貫性のある養護と教育を目指します。

安心・安全について

保育所(保育士)と家族が養護及び教育を一体的に行うパートナーとして理解と連携をして、入所する子供の成長に対して最善の特恵を一番に考慮します。
人は持って生まれた気質と環境で人生をどう生きるかが大きく違うものになります。
気質は中々変わるものではないと思いますが、環境は作っていくものです。
乳幼児に於いてその環境を作るのは周りのご家族と、保育園(士)が大きな割合を占めます。
みのり保育園では、今ある環境の中で出来る子供たちにとって一番良いことは何か?をご家族の方と協力して一緒に考えていきたいと思います。
その為に、職員が保護者の方との信頼関係を大切にして、良きパートナーとして、子供たちの養護及び教育がよりよいものなる為の研修も専門家としてしっかりと行っていきます。
そして、当園では保護者の方にも勉強し、考える場を提供し一体となって子育てを考え、行っていきたいと考えます。
また、安全で清潔な室内、疾患・事故防止に関する認識を深め、適切な対応が出来る準備に注力を注ぎ、保護者の方が安心して子供たちを預けられる環境づくりを目指します。

その他

  • 個人情報保護の認識を高く持ちます。情報公開するメリットのある物には、保護者の方の理解を求め公開することがあります。
  • 保育士が健全で元気であることが、子供たちにとって一番必要なことと考える中、出来るだけ環境整備を行い 心身ともに健康であるようにサポートしていきます。